栃木、鳥取、岐阜、福島の4クラブがJ準加盟申請

ここでもずっと追跡しているJリーグへの加盟を目指すクラブの動向ですが、タイトルの4クラブの準加盟申請があった事が判明しましたね。
まあ、福島の夢集団はまだ東北2部リーグという事でまずは県の内外に向けてアドバルーンを揚げたぐらいの意味合いでしか無さそうだし、鳥取はまだまだ解決しなければならないハードルが多いという事で、やはり注目は栃木と岐阜の動向と言う所でしょうか。
栃木はどうやら2億の運営資金を確保したそうで、体制的にはかなりJに近づいた感があります。あとは、J入りの目安であるJFL2位内に向けて、どれだけ戦力やサポーターの支援を与えられるかが鍵になりそうです。
ただ、岐阜についてはホームタウン自治体の支援文書が見送られたとの話で、意外に自治体との協力関係が薄いんだというネックが判明してしまいましたね。戦力的にはJFLで上位争いするだけの力は既に持っているだけに、早く来期に向けて全力でJに挑戦するだけの体制を整えて欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする