今日の戯言

これもこれも本当の話(以下略
しかし三都主にまでプレミアからギリギリのタイミングでオファーがあったようですし、中村本人ではないですがセルティックでは予想通りペトロフが去ってグラベセンが来るなど、今年の日本人選手にまつわる移籍マーケットは本当にサプライズだらけですよね。と書いていたら、ようやく大黒も決まってくれましたね。
ただ、平山の話については、契約期間が残っている状態のクビってのはおそらく違約金が発生するでしょうし、ヘラクレスとしてもタダで移籍されてしまっては何のビジネスにもならないので、単に奮起を促したとも見れるでしょうし、Jリーグからのオファーが見込めるのでここが渡りに船と考えているのかもしれません。
が、相変わらずオランダ語を習得していなかったり、コンディション不良で開幕に臨んでしまったのは、クラブ側からすると甘いと思われても仕方ありません。昨シーズンはそこそこの成績を残せたので平山にも油断があったのかもしれませんが、そういう選手の将来がどうなるかについては、本場の人間は無数の例を知り尽くしているわけで、これを最後の愛情と受け取って奮起するようにならないと、どこへ行ってもダメになっちゃいますよ。
稲本については・・・まあそのなんだ、とにかく頑張れ。
そしてサプライズと言えば、やはり梅崎・西川・伊野波・二川のA代表初選出にも驚かされましたね。つーか、「海外組・古井戸」と唱え続けていたカピタンの顔に、またオシムは泥を塗っちゃって大丈夫なのかとかえって心配になってみたり(笑)。
伊野波は鈴木の仕事が出来る上に五輪代表にも選ばれてますし、浦和を破った好調大分を引っ張っている若手2人というのは納得できるのですが、ガンバファンには申し訳ないですけど二川はちょっと微妙な気が・・・(笑) おそらく、ガンバでもやっているようなトップ下の位置からスペースへ飛び出してパスを受けるような仕事が求められているのでしょうが、サウジのフィジカルとスピードにどこまで対抗できるかというところでしょうか。ここは山瀬や羽生といったライバルも多いだけに相当な努力が必要でしょう。
ただ、昨日の新潟戦を見ましたが、ガンバは得点こそ圧勝ですが、内容的には新潟のほうが押していたにもかからわず、決定力の違いだけで勝ったようなものなので、浦和もそうでしょうがコンディションをこれからどこまで上げて行けるのか心配なところですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする