今日の戯言

いや~、オシム監督はいきなり飛ばしてくれますね。
オシムが代表監督に就任してからというもの、今までのジーコ路線をことごとく覆すような発言や行動を繰り返していて、協会や広告代理店、マスコミに対してわざと挑発しているんじゃないかと勘繰ってしまいたくなるほどですが、考えてみれば監督の仕事というものは、外野が何をどう言おうと、自分が強化のために必要だと思っている事をきちんと遂行するのが当然であって、それはオシムもトルシエも何ら変わる事が無いんですよね。
ただ、トルシエの場合は最初からいきなり表立った反抗を見せてしまったために、マスコミの格好の餌食となってしまいましたが、W杯後で周りがみんなしおらしくなってしまっているせいか、オシムの場合は発表当日に練習しようがイエメン戦のメンバーで本職のCBがわずか2人だろうが、夕刊フジやゲンダイ以外ではあまり叩かれていないのが不思議なところですよね。
これがトルシエだったら、「赤鬼錯乱!? 『DFの人数を間違えていたようです(関係者談)』・・・ミスの八つ当たりは強行練習で選手にとばっちり、へとへとになった選手にはさらに3つの禁止令という横暴が待ち構え、合宿所は悲鳴と非難の渦」なんて書かれていたでしょうに。マスコミも得意のストーリーテリング能力が発揮できなくて寂しい思いをしているのではないでしょうか(笑)。
それはさておき選出メンバーについてですが、CBが2人というところ以外はそれほど大きな驚きはありませんでしたね。まあ、Jでちゃんと活躍している選手が普通に選ばれているという意味で、ジーコとは全く正反対の意味での驚きの無さではあるんですが(笑)。CBが少なすぎる点については、CBの代役を阿部でカバーするという意味合いもあるでしょうが、イエメンとの力関係を見切った上で、攻め続けろという強烈なメッセージを選手に与えているような気がしますね。
しかしここまでドイツ組を落としておいてスポンサー筋は大丈夫なのかと心配になってしまうのですが、夕刊フジでは誉め殺しなのか何故かスポンサーからは好評だと書かれていて、これが本当ならまずは初戦勝利の効果があったというところでしょうか。ただカピタン自身はテレビでドイツ組やベテランにはまだまだチャンスがある、みたいな事を発言していたようなので、契約更新のタイミングでスポンサーの中でもいろいろと力関係に変化が出てきそうですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする