ドイツW杯 準々決勝 イタリア-ウクライナ(3-0)

戦前の予想通りの結果と点差になってしまったが、ウクライナの守備組織と運動量は素晴らしく、プレスでマークに入ったり前線の選手とサンドイッチするスピードは最後までイタリアの攻撃陣に余裕を与えず、攻撃場面になるとゴール前に4人が突入する思い切りはイタリア守備陣に十分冷や汗をかかせていたと言える。
この試合の勝敗を決めたのはほんのディテールで、トッティにベタでマークをつけたがゆえにトッティにワンタッチではたかれ、ザンブロッタへのマークが遅れた1点目、絶好のチャンスを決められなかった後にDFの集中が切れた2点目と、イタリアとの細かい部分の積み重ねが大きな差となってこの結果になってしまったと言える。まあ、このほんのちょっとがとてつもない差だったりするんだけどね・・・
イタリアにとっては比較的やりやすい同タイプの相手で、しかも自分たちが先制点を奪ったのだから、後半の最初は多少慌てたとは言え精神的には楽な試合だっただろう。しかし次はそうはいかない。開催国のドイツが相手、しかもネスタが復帰してもしなくてもCBには不安を抱えているわけで、ドイツとの条件はイーブンよりやや下というところだろう。最後は、FWの決定力の差が勝敗を分けそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする