今日の戯言

これで決勝トーナメント進出国が半分出揃いましたね。
ABについては、ドイツはイングランドと、イングランドはドイツとやりたくなかったでしょうから、彼ら的には万万歳の結果でしょうね。しかしスウェーデンの組織と粘りは相当なものですから、ドイツも大勝で調子に乗っていると足元をすくわれかねませんよ。
そしてCDについては、死のグループを軽々と突破してきたオランダとアルゼンチンはがっぷり四つのままのドローゲームという事で、ポルトガルの相手はオランダという事になりました。いや、この対戦は非常に面白そうですねえ。
とか書いていてもなんか寂しいっすね・・・こっちは決勝トーナメント行きの可能性が無くなったわけじゃないけど、ジーコの髪の毛一本より細い事は間違い無いですからね。何にせよ、明日早朝の最終戦は静かに見守るつもりでいます。
愚痴ついでに、八木さんからのメール。

さて、19日の「スポンサーのほうにしか~」の件、私も何かで日本を含め二ヶ国しかハードな時間帯のゲームスケジュールを組んでいるチームは無いという事を読みましたので、日本サッカー協会の方へ問い合わせを致しました。
協会の話では、一切絡んではおらずfifaとテレビ局(電通?)との間で決ったとの事でした。むしろ、テレビ局にやられたと思っていると言う話でした。
ブラジル戦に影響が出るのではないかと思っております。影響が出なくても最善を尽くしてドローではないかとは思っておりますが。
尚、アレックスについては、特に4バックの時ざるだと思っておりますが、ネット上では余り話題に上りませんね。不思議に思います。
もしこの件(試合時間の変更)で電通がらみの話しが有れば教えていただけませんか?。

私は当然ながら協会や広告代理店の内部事情に精通しているわけではありませんし、協会もこの件に関して正直に答えるはずも無いので、真相については勇気あるジャーナリズム(・・・なんて無いよなあ)に期待するしか無いのですが、前任者の場合はどうだったかについては、ダバディ氏が自身のBLOGでコメントしていますね。
その中には、(当時は「トルシエはうるさい!」とか「日本の文化が分かってない!」とか、「ビジネスとメディアの邪魔をするな!」といろいろ批難されて批判されましたが)とはっきりと書かれていますが、前2つは誰かさんが実際にメディアに向けて語ってますし、最後のはおそらく誰かさんの偽らざる本音でしょう(笑)。
まあ、最近はW杯のデーゲームも日本時間午後11時からのスタートになったので、私としてもその日の生放送を最後まで見るのが難しくなってしまっているので、電通やスポンサーの気持ちもちょっとは分かるなあと思ったり(笑)。
あと、登録リンクに「眞鍋カヲリを夢見て」を追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする