開幕の戯言

いや、やっぱり開幕が近づくとどうしてもワクワクしてしまいますね。
とは言え、明日は朝の5時半起きなので生で見るのは開会式までであとは速攻で寝ないといけないわけですがね・・・(涙) それにしても、相変わらず開幕式は見ていて退屈ですね。おおっと思ったのは、せいぜい過去のW杯優勝選手が出てくるThe
Legendぐらいであとはねえ。大多数のサッカーファンは、W杯の最高のセレモニーは開催国によるキックオフだと思っているのは間違いないんでしょうが、ドイツでもいろんなマネーの縛りがあるんでしょうなあ。この開幕式の実況のゲストにオシム監督を呼んでしゃべらせれば日本のJリーグファンはみんな見るんだけどな。プロデューサーやアナウンサーは皆逃げ出すだろうけど(笑)。
そのオシムが代表監督?という先日書いた話題について、ジェフサポのイぬ一番さんより。

代表に言及した「共同記者会見」と湯浅某の先走りなど露出増でまるでオシム就任への布石が打たれた…みたいな解釈をしてる人もいますが、長年、氏の発言に触れてきたジェフサポにとってみれば「しむら~逆!それ逆!」と突っ込みたくなります。本人がその気なら、逆に「沈黙は金」とばかりに何も言わなくなるでしょう。
しゃべっているように見せて「今の世の中、真実そのものを言うことは危険だ(中略)だからだいたい真実であろうと思われることを言うようにしているのだ」というオシム本のまんまなので、餌に食い付く魚を見る釣りのような気分で今の騒々しさを楽しんでます。

まあオシム代表監督を夢見るのは私とて同じなので、湯浅氏を茶化す気分にはとてもならないのですが、エメ・ジャケやベンゲルのような名前だけに惹かれて、彼のような本物の監督に三顧の礼をしようともしない協会の間抜け振りにはあきれる限りですよね。
ま、とりあえず日本戦までは純粋にこの世紀の祭典を楽しむとしましょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする