今日の戯言

相変わらずオシム節は冴えてますよね。
湯浅氏が次の代表監督にオシム監督を強力にプッシュしてますが、まったくもってアグリーだと言わざるを得ません。ただし、オシムはトルシエ以上に電通協会の言う事は聞かないでしょうから、カピタンの目の黒いうちは選ばれる事は無いとは思いますがね(笑)。
さて、その初戦のオーストラリア戦まであと5日となったわけですが、オシムが語るようにこの初戦で勝ち点3を奪えるかどうかが日本のグループリーグ突破を大きく左右する事になるのは確実です。もし万が一敗れる事があれば、突破の可能性は限りなく他力本願になってしまいますからね。
そして、今までも何度か書いている事ですが、とにかく前半開始から30分間と後半の15分を我慢する事。オーストラリアはデカいオランダ相手でもガシガシと当たってきたように、徹底したフィジカル攻撃をかけて来るでしょう。特に日本の攻撃の舵取り役である中田には激しいマークを付けて来るはずです。下手をすると壊してもいいとさえ思っているかもしれません。
日本は、まずセーフティファーストでボールをつなげなくてもいいから厳しい時間帯には玉離れを良くする事、自陣でのつまらないミスを無くす事が求められます。また、オーストラリアは3トップで来る公算が高いので、ビドゥカには中澤が付くとして、あとのマークをどう振り分けるかも考えておかなければならないでしょう。
私なら、左サイドは中田コを先発させて、相手の出方次第で4バック気味に守れるようなメンバーにするんですがね・・・戦術の調整は選手間で出来ても、メンバーの選定は選手自身には出来ませんからねえ(苦笑)。ジーコがいきなりとんでもない策士に化けてくれる・・・事は無さそうだよなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする