今日の戯言

昨日はジロも中休みのステージだったので、ゴール付近以外の時間は録画しておいた「蹴球源流」の第一回目の放送を見ていました。
レギュラー司会は金子勝彦氏で、ゲストは岡野前日本サッカー協会会長だったのですが、今や気持ち的にも完全に第三者としての立場に戻ったのか、かなり大胆な発言をされていたのでちょっと驚いてしまいました。
特に、日本サッカーの現状に関しては、「日本は韓国にはスピード・スキル・スタミナ・スピリッツの全ての面で負けている」「しかし、戦術理解や判断で互角に持ち込んでいる」「日本リーグ時代よりもスピードやスタミナといった走力が落ちている」「Jリーグを見ても、去年よりもうまくなったなという選手がいない」「オシムの千葉以外に基本をしつこく教えているチームが無い」などとほとんどクソミソ状態でした。
個別に細かく見ればうまくなってる選手はいるとは思いますが、もう日本でやるのはいいだろうと思える選手は中澤や小笠原、一つ落ちて阿部、今野以降はそれほど出ていないのが現状ですし、ACLにも相変わらず負け続けているわけで、確かに岡野氏の発言には頷かざるをえない部分が多いですよね。やはりダイアモンドサッカーを担当していたのもあってか、「世界」というものがスポーツシューレとジーコの考えに留まってしまっている誰かさんとは違いますよね(笑)。
とは言えリーグレベルの問題は、ファールを取る審判基準の違いや、練習からガチンコで殴りあいも珍しくない欧州と和気藹々でチンタラやるのが普通な日本という競争意識の違い、欧米や大陸選手との体格差の違いなど、いろんな部分がかかわってくるものであるため、残念ながら自主的に何かをしたから劇的に変わるものではありません。
とりあえずは、ACLの改革を進めて欧州におけるCLやUEFAカップのように完全に日本のサッカーシーンに組み込ませて常に海外との差を意識付けるようにして行く必要があるでしょうね。それですら難しい事なんですが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする