今日の戯言

今日はまずヘラクレスの平山が久々の得点・・・と書きたいところなんですが、録画していた自転車のパリ-ルーべを先に見てしまっていました(笑)。
そのパリ-ルーべは去年は工事のためにコースから外されていた名物石畳のアーレンベルグが今年は復活していて嬉しい限りだったのですが、私の密かな願望である雨のパリ-ルーべには今年もなってくれませんでした。選手には悪いですが(笑)、雨で濡れると石畳が滑りやすくて落車が増える上に選手が泥だらけになる本当の地獄を一度放送で見てみたいのですが、こればかりはお天道様の気分次第ですからねえ・・・
そのレースではツールドフランドルに続く連勝を期待されたボーネンでしたが、さすがに疲れが出て最後の粘りが効かなかったようですね。それ以上に、カンチェラーラの素晴らしい頑張りが本当に見事でした。スイスはトリノこそ不振に終わりましたが、サッカーはもちろんW杯出場ですし、自転車でも新星誕生と本来のお家芸であるウインタースポーツ以外での健闘が光ります。
さてサッカーの話題に戻ると、昨日見たナビスコカップの鹿島対川崎は、さすがに両チームともリーグ戦で上位につけているだけあって、非常にいい試合でしたね。
川崎は序盤こそ鹿島の3トップに3バックがうまく対応できずに何度も両SBの攻撃からミドルシュートの雨に晒されましたが、そこを何とかしのぐと後は安定し、前半30分を過ぎてからは完全に川崎のペースになっていました。結果的には、川崎の流れになっていた時間帯に逆にうまく鹿島に点を決められて試合は決まってしまったわけですが、川崎が後半15分のPKを決めていたら全く分からない試合になっていたでしょうね。
それにしても鹿島の内田ははじめて見ましたが良い選手ですね。FC東京の徳永が爆走系としたら、内田はテクニシャンのラテラウ系と言えるでしょうか。ワールドユースでオランダのオブサベイエにチンチンにされた事で逆有名人になってしまったアビスパの中村北斗も頑張ってますし、SBで有望な若手が出てきている事は嬉しい限りです。
まあ相変わらずボランチでしっかりボールを落ち着かせる事が出来る選手が若手にいないのが気がかりですが、こればっかりはなかなかJだけで鍛えられるものではないですからねえ・・・誰かセルティックのスカウトに、小野よりも阿部がいいですよと売り込んでくれればいいのですが(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする