今日の戯言

いや~、野球日本代表、WBC優勝おめでとうございます!
と言いつつも試合は時間の余裕が無くてさっぱり見ていないのですが(笑)、一度は韓国に敗れて決勝トーナメント進出が絶望になったところでメキシコが奇跡を起こし、そこから日本は波に乗って一気に行ってしまいましたね。短期決戦のシリーズはこういうところがあるから面白いし怖いところですよね。
それにしても興味深いのが今までの五輪代表などに対する反応を覆すようなイチローのはしゃぎ様で、そのへんは同じクールで求道系というカラーを持つ中田ヒデと比べてみると、国家代表に対する思い入れの変化という点で、少なからず共通点があるように思いますね。
両者とも、一向にスポーツの中身を伝えようとせずにセンセーショナルで芸能的な面ばかりを取り上げるマスコミに代表される日本のスポーツ界に嫌気がさして、日本に背を向ける形で海外に渡って結果を残したものの、チームの成績や出場機会などでモチベーションが揺らいでしまう状況になったところで、やはり自分のルーツである日本を象徴する代表という存在に気持ちが戻ってきたのかもしれません。そういう意味で、両者の引退後でもいいので一度中田とイチローのインタビューが見てみたいですよねえ・・・
まあマスコミ様は十年一日のように全く進化などしてないわけですが、プロとは名ばかりの企業による節税&宣伝媒体の道具に成り下がってしまっていたプロ野球において、世界を基準としたスポーツとしての評価軸が定められるきっかけとなる可能性が出てきた事は、私のような元野球ファンとしては喜ばしい流れになって来てはいるんですが、それを野球界が正しく受け取って今後の改革に生かすようになってくれるのかどうかと言う点で見ると、やはり悲観的なスタンスを崩すことは出来ません。
その意味で、逆にサッカー界は今回の野球日本代表の快挙を受けて、俊敏性や器用度、献身性といった日本人としての長所を生かして行くような強化プランを遂行して行くべきだとは思うのですが、いかんせん監督が自由という名の放置プレイではね・・・監督に変な運があるところが似ているのはW杯に向けての唯一の希望かもしれませんが(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする