今日の戯言

いや、あれが「いつもの日本」なんですが(苦笑)。
しかも、久保、三都主といったジーコが心中しようとしている選手のところで論理破綻が起きているのだから、これはもはや本大会では運に頼るしかないわけですよ。いやはや。
まず久保ですが、裏を狙うだけで柳沢や高原のように中盤の組み立てに参加したり守備をしたりという事が無いので、どうしても中盤に負担が出来てしまう。そうなると、日本の穴である左サイドに簡単にパスを通され、中田は攻撃のために上がっている事が多いのでボランチの位置には福西が一枚、しかし彼も運動量が多い方じゃないし中央も見なければならないので三都主は放置、たまらず宮本がつり出されると中は中澤だけになって2枚飛び込まれると終わりって事になっちゃうわけですよね。
これを解決するには3バックにするか、4バックならポストプレイも出来て裏も取れる柳沢の1トップにして中盤を厚くするしか無いんですが、結果を出している高原と久保をジーコが両方外す事はまず無いだろうし、3バックにしても結局は三都主のところでしわ寄せが来て攻められなくなるのだから根本的な解決は遠そうです。まあそれ以前に、ジーコの辞書に論理という言葉は一切無くて、あるのは「信頼」の2文字だけなのですから、こちらも目をつぶって神様をジーコを信頼するしか無さそうですな(乾笑)。
あと、登録リンクに「サッカー狂のドリブル論 ドリブル★マニア」を追加し、ついでにリンクを整理しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする