今日の戯言

野洲が全国制覇したのに関西のスポーツ紙一面でスポニチだけが取り上げていた件について。
いや、一応グチを書いては見ましたが、こっちではいつもの事だからいいんですけどね・・・とは言え、ニッカンで原田とでかい字で書いてあったのは一瞬何なんだと思いましたよ(苦笑)。しかも首都圏版では「多英」だし。野洲市長がテレビでパレードをするとまで口走っている地元との、この温度差の違いは何なんでしょうかねえ。滋賀だって一応関西のはずなんですが。
ま、決勝戦なんかは我々サッカーファンにはたまらない試合だったわけですが、関東勢が出なかった事もあって客席にはかなり空席がありましたし、やはり今大会を通じて見れば、近年言われているクラブユースへの有望選手流出を反映してか、平山や大久保、一昨年のカレン(はどっちかと言うとビジュアル先行か(笑))といったマスコミ受けするスターが出なかったのも一つの理由と言えるでしょう。テレビ的には一応ジェフに入団が決まっている野洲の青木を押してたようですが、もっと得点を決めていればまた違ってたんでしょうけどね。
そういや、何とか古いビデオを引っ張り出して、今日は大久保が後半32分から出たベティス戦の録画を久しぶりに見たのですが、相手のバックパスミスから抜け出してGKと1対1になる得点のチャンスがあったにもかからわず決め切れませんでしたね。おそらく股抜きを狙ったのでしょうが、アスラックのメルマガにあった大久保自身のコメントにもあるように、結果論ではありますがループにしたほうが確実だったでしょうね。
大久保はミドルクラスのシュートを決める能力は日本人屈指だとは思いますが、昔から簡単なシュートは狙いすぎて外す事が多いんですよねえ。簡単なシュートを簡単に決める能力については、日本人では今でも小野が突出していると思っているのですが、そういう能力が大久保や高原、平山といったFW陣に無いのが本当に残念なんですよねえ・・・高校選手権でもそういうタレントは出てこなかったですし、まだまだ日本の得点不足は解消されそうにありませんなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする