元旦の戯言

皆様、あけましておめでとうございます。
相変わらず、元旦は年始で酔っ払ったままでの天皇杯決勝の録画観戦だったわけですが、ひとまず浦和レッズの優勝おめでとうございます。
試合自体は、セレッソ戦と同じように清水のゲームプランにきっちりと嵌められた試合だったのですが、三都主の一発のクロスからの得点や後半のマリッチのしぶとい得点を見ても、いかに組織戦術が優れていても最後は個の能力が試合を決めるのだというサッカーの普遍的な真理を確認させられた試合でしたね。
もっとも、逆に言えばレッズが選手の質の差を試合の中で見せ付けることが出来なかったのも確かな事実で、これからACLを戦い抜いていく上で、清水に「こちらが先制点を奪っていれば」と後悔させる余地が無いぐらいにサッカーの質の違いを見せ付ける事が出来るようになってもらいたいものです。
今日は我らがカピタンのACL改革委員会委員長就任とか小笠原のウェストハム入団テストとかのニュースもあるのですが、ここまでで更新の気力が尽きました(笑)。では、皆さん今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする