J1J2入れ替え戦 甲府-柏(2-1)

まず驚かされたのは、いつの間にか甲府がセレッソのようなチームになっていた事であった。
戦術的には、甲府が4バックでSBとSHのコンビで崩すか、中盤は少ないタッチで前線への飛び出しにつなげるパスを出す攻撃がメインなのに対し、セレッソがサイドチェンジから西澤のポストとウイングのからみで崩すという違いはあるけれども、個々の選手の技術不足をプレスを続ける運動量と愚直に約束事を遂行する規律はほとんどそっくりであると言える。
ただ、これもセレッソと同じように、いったん相手の個人技で抜かれたり疲労からサポートの動きが遅くなってしまうと、とたんにサッカーが機能しなくなってしまうのが欠点で、特に後半は柏の押し上げの前にひたすら耐えるのみとなってしまった。この試合では運良く点は取られなかったが、こういう展開になってしまうと無失点で切り抜けられる確率は非常に下がってしまうだけに、最初から柏に押されるであろう第2戦でどういう打開策を立ててくるのかに注目したいところだ。
柏はその甲府の勢いに押されながらもセットプレイから先制するという願っても無い展開を手に入れたのだが、皮肉にもあまりにも点を早く入れすぎたために、相手の戦術に対応する前に腰が引けてしまって同点に追いつかれたのが誤算だった。ただ、攻守の要である明神が欠場した状態で最小失点差に抑えられたのも確かで、高い位置からボールを奪って前線に素早くつなげられれば、個人技にもろい甲府のDFを切り裂いて得点を重ねることは可能であろう。まだまだ入れ替え戦はイーブンである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする