今日の戯言

遅ればせながら、ガンバ大阪J1初優勝おめでとうございます!
昨日は試合の録画を見る時間が無くて優勝特番やスパサカだけを見たのですが、宮本や西野監督の滅多に見られない緩んだ顔や、解説の山野氏の暴走振りをほほえましく見ておりました。今朝のスポーツ紙も珍しくと言うかJでは初めてであろう全紙一面と言う快挙を成し遂げたのを見ても、やはり関西勢が優勝して良かったという実感をひしひしと感じます。
それに対して、また5年前のように最後の最後で栄冠がするりとこぼれ落ちてしまったセレッソですが、何と結果的には5位にまで落ちてしまったんですよね・・・まさに天国と地獄を絵に書いたような事になってしまいました。ガンバとセレッソでは、どちらかと言うと私はセレッソびいきですし、モリシが栄冠に喜ぶところを見られなかったのは非常に残念なのですが、あえて公平な視点から言わせてもらえば、どちらが優勝するにふさわしいサッカーを見せていたかと言うと、ややガンバに分があるのではないかと思いますね。
セレッソの場合は、この数試合の最後を見ても、悪い流れの時にはDFがべた引きになって森島や古橋までもが下がって守備に奔走するような形が多く、これだと結局疲労や集中力の途切れで失点してしまうのは避けられません。ただ人数をかけて守ろうとするのではなくて、中盤できちんとパスを回して相手の圧力を逃すような、試合をコントロールする術を身につければもっと安定した試合ができるようになるはずです。そのためにもセレッソはさらに選手層を厚くして、弱点のサイドや西澤の代役を補強する必要があるでしょうね。
そしてJ2のほうでは、仙台は前節まで勝ち点1でリードしていながら引き分けてしまい、甲府が差し切る結末になってしまいました。とは言え、前半戦の出来を考えたら仙台は良く頑張りました。来年はヴェルディと神戸が来るので昇格は厳しい戦いになるでしょうが、クラブももう一つ力を入れて開幕に備えて欲しいです。甲府はこれからが本当の勝負ですね。今年はスカパーで入れ替え戦の放送があるので楽しみです。
そして最後は地域リーグ決勝大会ですが、優勝が琉球、2位がジェフアマで、結局ロッソは3位で終了したようです。いやいや、ロッソは愛媛がJ2に上がってくれて助かりましたね(笑)。短期決戦は必ずしもチームの戦力差が反映されないとは言え、再来期Jを目指すのであればもっともっと努力が必要だとロッソ関係者はねじを巻きなおして欲しいところです。
とにかく、ガンバが優勝して京都が昇格し、セレッソが試合残り3分まで優勝に近づいていた今年は、残念ながら神戸がJ2に落ちてしまったとは言え、関西のサッカーファンとして幸せな一年でした。こうなったら是非元旦の天皇杯はセレッソに勝ってもらって、来年もこの流れで続いて欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする