フランス・リーグアン ルマン-オセール(0-2)

今日は松井が4-4-2の右SHとして先発。
松井自体は代表戦での初ゴールで自信を得たのか、相手との1対1で勝負しようとする意欲が感じられ、実際に対面の選手を何度も無力化する場面を作ったのだが、特に前半のルマンは厳しくDFが守るオセールの守備の前にFWが完敗し、さらにルマンの前線とボランチの間が開きすぎているために、せっかくクロスを上げても二次攻撃が出来ず、点につながる分厚い攻撃をなかなか仕掛ける事が出来なかった。
後半は4-2-3-1のフォーメーションとなって少し前線へのフォローがしやすい形にはなったのだが、今度は引いてコンパクトに守るオセールの守備の前にFWへのパスのタイミングが合わなくなり、松井の相手のミスからのプレゼントボールをフリーでヘッドした場面はGKにぶち当ててしまったに近いが(笑)、たまのチャンスも相手GKのナイスセーブに阻まれるなど、リーグ前半の好調時にはあった運も無かった試合だった。
まあルマンより個人能力が高いチームがルマン以上にハードワークと規律で戦っていたのだから負けるのも当たり前で、ルマンももう一度こういう泥臭く愚直なプレイを心がけて欲しいものである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする