今日の戯言

どうやら11/16に行われる予定だった、コートジボワールとの対戦がトーゴに変更になったようですね。トーゴもモナコのアデバヨルがいるしアフリカの強豪であるセネガルを下してW杯出場を決めているわけで、チームだけを見ればコートジボワールとそれほど大きな差は無いんでしょうが、やはりドログバと対決できないのは寂しいですね。
そのドログバですが、やはりチェルシー対ボルトンとの試合を見る限り、現在の世界のベストFWの1人である事は間違い無いと思います。とにかく、裏に抜けるスピードも素晴らしいのですが、それ以上にトップスピードから急減速してボールをコントロールし、DFに囲まれてもシュート体勢まで持っていく能力が図抜けてます。これが、日本のFWならまず足にぶつけてボールをどっかにやってしまうのがオチでしょうし、比較的そういう能力が優れている柳沢や大久保でも、何とかボールキープに持ち込むぐらいが関の山でしょうね。
私は常々日本の選手は小野や中村を筆頭に足を止めてのテクニックは優れていても、トップスピードの状態でボールをコントロールするのは下手だと思っているのですが、やはり筋肉の柔軟性と瞬発力が要求されるだけに、なかなか日本人の身体能力では難しいものがあるのかなあと。ラウルやデルピエロのような選手が生まれる可能性はまだあるのかもしれませんが、戦術&フィジカル重視の昨今では彼らでさえ不遇を囲ってしまっているわけで、そう考えると日本にワールドクラスのFWが生まれる日は当分来そうに無いのかもしれませんねえ・・・そういやヴェルディユースにいるエルサムニー兄弟はどうなんだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする