今日の戯言

本当にジーコは使うのかなあ・・・
と言うのも、まず松井はクラブではほぼ3トップの左ウイングのポジションでやっており、3バックの左WBならいいけど4バックのSBは無理で、純FWとしても厳しいと来れば、左SHとなるのかもしれませんがそこには中村がいるし、中盤ダイアモンドならばトップ下か左CHだろうけど、やはりここも中田や小野との争いになるわけで、かなり難しい起用になるんじゃないかと。
そういう意味で、まだ大久保の方がFWの本命がまだはっきりと決まってないだけにチャンスは大きいと思いますが、今までの代表やマジョルカでの試合の通り、コンビネーションが出来て自分のペースでプレイが出来ないと空回りしてしまう選手なので、怪我も持っているし親善試合2試合だけでは厳しいかもしれません。
まあ、チームとしての機能だけで言えば、中盤でパスをつないで裏へ飛び出したり、クサビを受けて前を向いたりという仕事が得意な、テクニックとスピードのある選手がFWに適していると思うので、1人は動き重視で柳沢もしくは玉田、もう1人は得点力重視で大黒もしくは大久保という組み合わせがいいと思うんですけどね。あとはパワープレイ用に平山とか(笑)。
とにかくジーコの判断基準はまず結果(につなげられるメンタル)なので、ホンジュラス戦やアジア予選で他のFWが結果を出している以上、とにかく点を取らないとスタートラインに立つ事は難しいでしょうね。大久保もそれはわかっているみたいですが。とは言えアウェイでラトビアとウクライナが相手で結果を出す事は非常に難しいでしょうが、それだけにここで活躍すれば一気に大逆転の可能性も出てくると言えます。カウンター狙いのプランになるでしょうが、松井のボールキープや大久保の飛び出しで点に結び付けて欲しいものです。
と、くどくどと今日まで私のような門外漢が書いているような事は、監督様は十分に分かっておられるので代表についてはここまでにします。ってかビデオも見ていないだろういち選手がここまで試合を冷静に分析できているってのは正直気持ち悪いです(笑)。世間ではボランチに小野が戻れば中田は2列目でもいいのではないかといった考えが流れているようですが、フェイエの試合を見ても小野はオープンな場所に優しいパスを出すのは得意でも強いクサビはほとんど出しませんし、このメールを見ればなおさら、ボランチから中田を外す事は考えられませんよね。じゃあ小野はどこに行くのかという事になりますが、代表メンバーの中でも小野のPA付近でのシュート精度は小笠原以上のものがあるので、やはり是非とも2列目で使って欲しいものです。
さて、明日からはJリーグと欧州リーグですね。私自身は別の試合を観戦しに行く予定ですが、ガンバ対広島と言う楽しみな上位対決があります。そして欧州では大久保のバルサ戦も楽しみです。って何でこれがアナログBSでは月曜の放送になるんだよ・・・(苦

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする