キリンチャレンジカップ 日本-ホンジュラス(5-4)

しかしまあ、昨日書いた試合のポイントをことごとく悪い方向になぞってくれるのだから、ジーコジャパンはさすがと言うか何と言うか(苦笑)。こんな情けない馬鹿試合で延々と得点経過を書くのも阿呆らしいのでパス。
結局、1対1で勝てない相手に組織的なプレスをかけずに、ボールウォッチャー状態で引いても全く意味が無いという事をひたすら見せ付けられた試合だった。ボランチに好守の役割分担が無くてラインが低いので、いったん日本が攻撃に移ってしまうとボランチが戻れず、サイドの軽い守備を破られて折り返されると残りは1枚で完全におじゃん。いやはやこりゃザル時代のセレッソ以下だわ。
攻撃面も、引いた状態からの攻撃なのでSBを始めとして後ろの押し上げが無くてスピードダウンを余儀なくされてしまう。唯一、中田や中村がボランチの位置に入ってパスを配球した時にはFWまでボールが渡ったが、コンビネーションが無い状態なのでワンタッチパスの部分で息が合わなくてシュートまで持っていけない。日本は最終的に得点を重ねはしたが、ホンジュラスの完全なペースダウンとマークの甘さに助かった面が多く、もしホンジュラスに前半のサッカーをもっと長く続けられていたら、何点入れられたか分からなかったところだ。
とにかく、この布陣ではコンパクトネスというものは微塵も実現できない事ははっきりしたので、まず宮本だけでは統率できない守備のために中田をボランチの位置において、アタックに行けない中田コや空回ってた稲本を外すところから始めないとどうにもならないだろう。そういう意味では後半途中からジーコが中田の位置を下げたのは希望が持てる点だったが・・・
まあ、もう一度4バックでの守備のしかたと言うものを選手間で話し合って(嘆息)、とにかく本番でこういう試合をやってくれない事だけを願いたいものである。


  • 楢崎 5.5 シュートはどれも厳しかったが、1つぐらいは止めて欲しかった。

  • 三都主 5 ひたすらガルシアにチンチンにされる。1つのアシスト程度ではねえ・・・

  • 宮本 5 守備統率もマークも今日はおそまつそのもの。

  • 中澤 5.5 チームの不調を引きずってるのか、今日は高さのみ。

  • 加地 5 後半はマシになったが攻撃参加は数えるほど。守備もあっさり振り切られる。

  • 中村 6 唯一攻撃を引っ張ったが、パスとFKは風に悩まされる。

  • 中田コ 5 シュート以外はスペースを埋めていただけ。クサビも出せず。

  • 稲本 5 注意散漫なところは相変わらず。早々にガス欠。

  • 中田 5 「右の」MFとしては何も出来ず。3点目の致命的なミス。ボランチ以外無いね。

  • 柳沢 6.5 とりあえず2ゴールは見事。好守に良く走った。

  • 高原 6 粘りのゴールは良かったが、ミスも多かったのは反省点。

  • 小笠原 6 ゴールよりも守備での頑張りが目立った。

  • 玉田&大黒 5.5 裏を狙ったが中盤が疲れてパスが出てこなかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする