フランス・リーグアン第5節 ルマン-トロワ(1-0)

松井はサブとして後半30分から左ウイングとしての出場。時間が短い事もあってボールタッチの回数は数えるほどだったが、カウンターの攻撃の場面にいくつか顔を出す事だ出来た。
一度、真ん中とのタイミングが合わなかったが惜しいクロスを放つ場面があり、守備でも皆が疲れた時間に積極的に前線からプレスをかけて、チームの逃げ切りに貢献できていたと言える。とは言え、カウンターで1対1になった場面でフェイントをかけようとしてバランスを崩してしまう場面があったように、ここでも書き続けていることだがもっと確実性のあるプレイが求めらるところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする