フランス・リーグアン第4節 アジャクシオ-ルマン(0-0)

縦に赤くて太い1本ラインが入ったユニといい、短縮形がAJAなところといい、あからさまにアヤックスを意識したアジャクシオとのアウェイでの対戦。この日も松井は左ウイングとして先発。
この試合はプレイメイカーのロマリッチが復帰してフォーメーションが4-2-3-1的になった事や、アジャクシオの激しいプレスからの速い攻撃にルマン自体が苦しみ、デメロにまるでボールが収まらずに中盤でごちゃごちゃやっている間にボールを取られてしまう事が非常に多くて主に守備的な仕事で奮闘せざるを得なかった。とは言え攻撃の面でもクロスに飛び出してボレーを放つなど前線に顔を出す場面も多く、さすがにガス欠になって後半15分で交代したが、チームも後半はアジャクシオにボロカスに攻められたが何とか奇跡的に守りきり、松井はチームの勝ち点1ゲットに十分な貢献を果たした事となった。
が、やはりどんな苦しい時にでもボールが集まるような信頼感が松井に生まれているかというとまだまだで、1対1でトリッキーなプレイをして抜こうとする試みはいいのだが、松井にボールを預ければ絶対にボールを失わずにパスが出てくると思わせるような、プレイの確実性をもっと高めていって欲しいものである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする