J1第18節 千葉-川崎(1-0)

今日は少し時間があったので録画してあった千葉対川崎を観戦。千葉は巻とハースの2トップに羽生がトップ下の3-5-2、川崎がジュニーニョと黒津の下に今野が入る形の3-5-2というがっぷり四つ。
試合はまず川崎が前線から激しいプレスをかけ、ジェフのパスワークを寸断して一気に勢いに乗ろうとする。が、ジェフも3バックと言いつつも3人のDFの誰かが常に攻撃参加する2バックとも言える形で本来のアグレッシブさを取り戻し、ボールを奪ってから2トップの飛び出しにスルーパスを合わせる形でペースを握る。
ジェフはスルーパスから、そして川崎は高い位置でのボール奪取でいくつかシュートチャンスを作るものの決定力が無く、川崎はジュニーニョが激しいマークで封じられ、ジェフは川崎のしぶといマークに手を焼き、20分ごろからは試合は膠着状態に陥ってしまう。
しかし31分に、川崎のジュニーニョへのパスがカットされたところから坂本がドリブルで持ち上がり、スルーパスを受けた羽生がポストで折り返したボールを巻がファーサイドに見事なゴールを決めて千葉が先制する。その後は川崎がさらに前に出て、セカンドボールを拾ってボールを支配するもののジュニーニョは突破できずにクロスも千葉の忠実なマーキングに中がフリーにさせてもらえず、前半はジェフが1点をリードしたままで終了する。
後半はいきなり両チームに得点チャンスがやって来るなど、攻撃的な試合展開で始まる。川崎はマルクスを投入した上に中盤も積極的に攻撃的な位置まで上がり、ジェフがそのスペースを使ってカウンターといった戦いになる。そして15分を過ぎると互いにプレスが弱くなって、ボールを取ってはゴール前まで運ばれるといった激しい試合になる。川崎は谷口のミドルがクロスバー、ジェフは山岸のシュートがGKといつ点が入ってもおかしくない状態。
しかしそういう時に限って点が入らないのもサッカーで、選手も疲れがあるのか最後のシュートやパスに落ち着きがなく、試合が止まるファールも増えて徐々に雑な印象が目立ってくる。そして長い5分のロスタイムもゴール前を固めるジェフの前になかなかシュートを打てず、最後のジュニーニョのシュートも櫛野に弾かれ、千葉がホームで勝ち点3を手にした。
両チーム共によく訓練され、また攻撃的なチームであるために予想通りの好ゲームとなった。ただ、千葉のハースや巻がチームの機能の一部として献身的に働いていたのに対し、川崎が終始ジュニーニョ頼みだった事が試合の明暗を分けた点だったと言えるかもしれない。が、川崎もマルクスが入ると攻撃の幅が生まれていただけに、怪我人が戻って来たこれからが期待できそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする