今日の戯言

東アジア選手権のメンバーが発表になりましたね!
新戦力としては村井や今野、田中達が入っていて、まあジーコにしては意欲を感じる選出となりました。と言っても、過去の永田のような例もあるのであんまり期待は抱き過ぎないようにしたいところですな。
そしてしばらくサッカーの話題から離れていたら、シーズンオフの海外ではかなり移籍の動きがありましたね。特に激しい動きを見せているのはイタリア3強で、そのへんはフランコさんの記事を見てもらうと手っ取り早いですが、それにしてもヴィエリとジラルディーノという2トップのミランは凄いですね。対するインテルは相変わらず選手をガッポガッポと買い捲ってますが、ピサロやフィーゴ、ウォメ、ヴェロン、ソラリ、アドリアーノと並べてもどんなサッカーをしたいのかさっぱり分かりません(笑)。しかしユーベはいつも堅実ですなあ・・・
と国内を見ると、神戸のカズが横浜FCに移籍するという話題が世間を賑わせているようで。神戸は残留争いのライバルである柏に惨敗し、残念ながらJ2降格が非常に現実的な将来となってきてしまいました。多忙の中でかろうじて見た新潟対名古屋の試合を見ても、夏場の連戦とあってか点を取られてからの粘りが利かず、攻めたほうがかえって大量失点してしまう形が増えているだけに、一つの運が大きな点差、そして疲労も加わってのモチベーションダウンにつながる悪循環になっているのかもしれませんね。
ただ、そういう時にこそ必要なのはカズのようなベテランの求心力や経験なんですが、そこをあえて切るという事は、好意的に見ればJ2落ちをきっかけにヴェルディ人脈から脱皮してチームを新しく作り変えるオーナーの意思なのかもしれませんし、悪く見れば何も考えてないだけなのかもしれませんが(笑)、この逆境をしっかりとクラブ経営の経験に生かして欲しいところですよね。
そしてヴェルディのアルディレス監督もとうとう更迭ですね・・・なんか横浜での時を考えても、どうもアルディレスのチームは一旦崩れ始めると止まらない印象があるのですが、いったい何が原因なんでしょうね? 中村を始めとして彼に心酔する選手は多いのですが、それが結果につながらないのもまたサッカーの真理なのも不思議なところですよねえ。後任は石崎氏のようですが、こちらはJ1に踏みとどまる事が出来るんでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする