コンフェデ杯グループB 日本-ブラジル(2-2)

得点経過については省略。
確かにあのブラジルを相手に引き分けた事は喜んでいいと思う。が、やはり試合を落ち着いて見るとブラジルは日本に最後に追いつかれるまでは終始流したペースで試合をやっており、それにしてはあまりにもチャンスを作られすぎで、相手のメンバーもGKのヂダを始めとしてDFラインのサブが多くて穴があったのも確かで、W杯の8強を狙うチームとしては善戦の域を出なかった試合だったと言える。
また戦略面でも宇都宮氏も言うとおり、結果としてはグループリーグ敗退に終わったわけであり、その原因と言うべきメキシコ戦での試合の入り方の間違い、そしてギリシャ戦での決定力不足といった戦略的な過ちについてはブラジル戦の健闘の喜びの前に反省すべき点だ。
とにかく、この試合で意外だったのは、ブラジルが疲労でペースを控えたのか思ったよりもガツガツと来ずに、日本が比較的中盤でボールを持てた事だろう。しかしその分、ギリシャ戦とは違って中田が攻めあがる場面が多くなり、日本はブラジルにカウンターのためのスペースを与える結果になってしまった事が、ブラジルの先制点につながってしまった。
また、ブラジルのキープ力とパス回しにボールの奪いどころが絞れず、パスコースをたくさん作られてPAの周りでボールを回される結果になってしまった。ここまで回されてしまうとブラジルは必ず最後にシュートまで持っていく力があるわけで、日本はCBに強さが無いだけにこういう守備しか出来なかった時点で失点は必然だっただろう。
この試合では、最終予選でも決められなかったミドルとセットプレイからの得点がたまたま決まったから2点が取れたが、本大会ではまず先に失点をしない守備が鉄則であり、南米や欧州の中堅国はそのあたりの意識がもっと徹底されている事を考えると、もっともっとプレスディフェンスの決まりごとを選手間で突き詰める必要があるだろう。
攻撃でも、前半4分の加地がオフサイドになった組み立ては見事だったが、それ以外ではブラジルに比べると終始攻めあがる人数とスピードに欠け、まあそれもボールを奪う位置が低いからであるが、ブラジル並みとは言わないまでも、もう少しFWがキープに頑張る能力を持たなければ試合の安定感は出てこないだろう。中盤でのパスワークである程度前線にまでボールを運べる能力はあるだけに、そこまで持っていってからじっくりとボールを回してシュートを打つような攻めの幅が欲しいところである。
次の代表の試合は東アジア選手権になるが、時期的に海外組の召集は難しいだけに、国内組でも同じようなパスワークの試合運びを実現する事はもちろん、SBやCBなど、代表の中でも層が薄すぎる部分の充実を是非ともお願いしたいものである。個人的には相馬、松田、茂庭、駒野、今野、田中隼あたりを呼んで欲しいのだが・・・まず期待薄だろうなあ。

●採点


  • 川口 6 得点は仕方ない。あとは必死でブラジルの波を防いだ。

  • 三都主 5.5 攻撃はよく上がってからんだが、守備は4バックで行くならどうにかしないと・・・

  • 宮本 5.5 ラインはずるずる、最後はマークになれずにシュートを撃たせてしまった。

  • 田中 5.5 ブラジル相手には緩すぎるマークだった。

  • 加地 6 攻守に非常に効いていただけに、1点目の不用意なマークがもったいない。

  • 中村 7 2得点にからんだのは言う事なし。が、安易なミスが多かった反省も。

  • 福西 6 中田が上がった中で苦労した。パスは良いのもありミスもあり。

  • 中田 5.5 攻めようとしすぎ。前に行った後半の方が守備に効いていたのは皮肉。

  • 小笠原 5 判断の遅さが目に付き、有効なFWへのつなぎが出来なかった。

  • 玉田 5 ブラジルのうまさの前にまるで仕事が出来なかった。

  • 柳沢 6 攻守にからむ回数はさすが。やはり後は得点だねえ・・・

  • 大黒 6.5 得点はもちろん、攻守に駆け回って日本を活性化させた。

  • 中田コ 5.5 最初は高い位置で攻めにからんだが、すぐに消えてしまった。

  • 鈴木 5.5 中盤からのパスが不正確になった後で仕事にならなかった。

  • ジーコ 6 小笠原と玉田を下げたのはいいが、中田コと鈴木は必要だったか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする