イタリア・セリエA第35節 アタランタ-メッシーナ(2-1)

柳沢はアタランタに逆転をされた後半9分に、ディナポリに代わって珍しく1トップ下の位置で交代出場。
おそらく、前線の動きが落ちたカンフル剤として左右のスペースに飛び出す役割を任され、交代直後はそういった動きを意識していたように見えたのだが、メッシーナの中盤がA残留に執念を燃やすアタランタの激しい前線からのチェックに手を焼き、柳沢の動き出しに呼応したパスはほとんど出てくることが無かった。
そして途中からはスペースに飛び出すことよりも中盤に引いてきてポスト役になる働きに徹し始め、メッシーナもそれにつられて押し上げる動きが出来るようになりはしたのだが、サイドを使うよりも不正確なミドルシュートを浴びせる(柳沢も一度ボレーを上に吹かした(笑))だけで、あまり相手を窒息させるような勢いにはならなかった。
柳沢自体はいつもの通りにチームの歯車として懸命に働いてはいたものの、やはりFWのザンパーニャに比べるとシュートまで持っていくアイデアと勇気に欠けるところは否めない。まあそれが出来るならサブにはなってはいないのだが、チームはほぼ残留、そして鹿島との共同保有の意思ありと、外国人としての結果からすると恵まれた環境にいるのだから、来期に向けてのレベルアップをお願いしたいものである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする