今日の戯言

問題は海外組が来るかどうかじゃないんですが・・・
まあ夕刊フジだから幹部が実在の人物かどうかも分からないわけですが、もはやジーコジャパンのメンバー選びは「あとは本選に大黒が入るかどうか」というだけの期待しかありませんからね。そりゃ「幹部」も海外組にすがりたくなるというもんです。と言うか、もはや日本が最終予選を突破できるかどうかは、海外組を含めた練習時間にかかっているわけで、集客や人気よりそっちを心配して欲しいものですが。
百歩譲って集客を期待するのであれば、いい加減代表インフレな関東じゃなくて長居や新潟、札幌、大分とかで試合をやって地方のサッカー人気を掘り起こすとか、サイドのバックアップとして相馬や田中隼磨らを協会推薦枠としてねじ込んで、新しい選手への期待感を少しは煽って欲しいのですがねえ。それで万が一出場して点なんか取ったりしたら、大黒程度にはジーコの記憶にも残ってくれるでしょうし(苦笑)。
その相手は困った時のUAE(笑)と、ペルーに来て頂ける事になりました。UAEはともかく、ペルーはマスコミ受けするスターころいませんが、バイエルンのピサロやゲレーロ、アストンビラのソラーノなどタレントが結構豊富なので、フルメンバーで来てくれたらかなり楽しみですね。あとは、出来ればドイツやアルゼンチンのように日本が相手でも手を抜かずに徹底的に研究して試合をしてくれればいいのですが。
そして明日からは、注目のkyuリーグも始まりますね。エンブレムとチームカラー、そしてメインスポンサーが決まって体制を整えたV・ファーレン長崎、そしてもちろんロッソ熊本、に注目が集まります。kyuリーグはネット中継も検討されているようですし、鳥栖や福岡、大分の頑張りに九州の各県が引っ張られているようで頼もしいですね。あとJの注目カードとしては、旧川崎ダービーの川崎対ヴェルディ、若手戦術派監督対決の新潟対大宮といったところでしょうか。川崎対ヴェルディは怪物FW対決もまた見ものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする