今日の戯言

昨日は夜桜の花見で飲みすぎてしまい、結局CLのビデオ観戦も更新もできませんでした。いや、桜が本当に見頃で美しく、気分が良くてついつい酒のペースが上がりすぎてしまいました。ま、たまにはこういう時もあっていいですよね。などと思いつつ、サッカー界の方を振り返って見ると、なんか静岡のほうに早くも花が散ってしまったチームがあるようで。
BSデジタルを見る環境が無いので、直接試合内容を確かめる事は出来ないのですが、どうやら水原の早いプレスに前半はほとんど何も出来なかったようですね。まあ、現在アジア最強クラスの水原に未だに山本監督お得意のテストを続けている磐田が勝つのは難しいとは思っていましたがね・・・ 対して、横浜Fマリノスはテロ・ササーナに無事勝ったようで。ただ、山東も勝っているのでアウェイで必勝の状況は変わっていません。
ここでも何度か日本のクラブはガツガツプレスに弱いと書き続けているわけですが、選手のフィジカルや審判の問題も大きいとは言え、そういう高い位置からのプレスサッカーをするクラブが浦和と昨年の川崎ぐらいしか無いのもあると思うんですよね。日本は湿度が高くて暑い真夏に試合をやる事もあって、年中運動量の高いサッカーをやるのには無理があるとは言われますが、千葉はプレスサッカーではないものの運動量を売りにしたサッカーで去年の8月には2勝1分けと言う結果を出しています。
つまり逆に考えれば、皆運動量が落ちる夏にこそ相手との運動量の差が生きるわけで、それを実行したオシム監督は「当たり前の事をやってるだけ」と思っているのでしょうが、そこまできつい仕事を選手に要求できる監督が日本にはなかなかいないんですよねえ・・・実績面でもカリスマでも。強化はもちろん、見る側の楽しみという点でも、もっとJでも多様なサッカーを見たいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする