今日の戯言

昨晩はネット環境がトラブったので朝に仕事場からの更新です。いや~、しかし一昨日のチェルシー対バルサは凄い試合でしたね!
チェルシーが開始8分にグジョンセンの素晴らしいトラップからのシュートを決めてから、浮き足立ったバルサに対して19分までに3点を叩き込んで早々に勝負あったかと思ったら、バルサがPKで息を吹き返してロナウジーニョの変態芸術的なトゥキックシュートが決まってアウェイゴールでバルサリード、しかし後半30分にジョン・テリーがヘディングで値千金の逆転ゴール、最後はチェルシーがゴール前に壁を作って逃げ切りと、まさに昨日書いたように得点で試合展開がコロコロ変わるエキサイティングな試合でした。
2点目のGKからのこぼれ球がランパートの前に来たところや、4点目のテリーのヘディングのコース、フリーのエトゥが枠外へ放ったシュートなど、多分にチェルシーに運があった試合だとは思いますが、GKの出来も試合を大きく左右したように思いすね。2点目にしても4点目にしても、コースが変わったとは言えランパートの前に弾いてはいけないし、ヘッドのコースが良かったとは言えCKであそこまでニアに寄ってなければ防げた可能性はあったんじゃないでしょうか。チェルシーGKのチェフがナイスセーブを連発していただけに、そこはちょっと残念でしたね。
そして今朝の試合では、まだ試合は見ていないのですがレアルがユーベに負けてしまったようで、これでスペイン勢は全て敗退という結果になってしまいました。ACLでも日本勢が揃って敗退スタートになっちゃいましたし、勝負弱さはパスサッカーチームの宿命ですよねえ・・・
さて、今日はそのCLを目指すマルセイユの中田コのデビュー戦も見たのですが、あの高校選手権の決勝を思い出させる大雪で真っ白けの中での試合でしたねえ。左WBで先発した中田コのプレイですが、特に前半はフリーでもほとんどボールが回ってこず、ポジショニングで相当迷ってオタオタしてました。後半は大分ましになって高い位置で攻撃にからむ場面もありましたが、サンテティエンヌの高い集中力の前にFWが封じられて完敗に終わりました。
マルセイユは、この試合から3バックに戻して試合に挑んだのですが、1点目のラインのずれを突かれての失点に見られるようにCBが4バックでのカバーリングの癖が抜けず、また雪のためかポゼッションもキープ出来ずにサイドでなかなか起点が作れないなど、内容をうんぬんする以前の試合でしたね。まあこの試合の事はすっぱり忘れて、次の試合に前向きに取り組んで欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする