今日の戯言

昨晩は、レッジーナの試合を録画する予定だったんですが、世界ノルディック選手権と重なってしまったために、そちらを優先してしまいました。レッジーナの試合については、また明日に戦評を書く予定でいますのでもう少しお待ちを。
しかしノルディックの世界でもテレビ受けを意識してか、距離競技の華である男子50kmがマスドスタート、つまり一斉スタートでゴール順で順位を決める形式になっていたのが残念でした。スキーの場合は自転車と同じで休みながらの走行が出来るために、いくら長い距離のレースになっても最後はワンデイレースのスプリント勝負みたいになっちゃうんですよね。
自転車のタイムトライアルもそうですが、ライバルのタイムを読みながら自分の持久力と心肺機能の限界に挑戦する競技ってのは、それはそれで立派なエンターテイメントだと思うんですけどねえ。なんかスプリント競技みたいなのが増えても、陸上の短距離リレーばかりを見せられている気がして味気ないです。
てなわけで、サッカーについては小野の試合をさいしんカップを見たのですが、草津はなかなかいい試合をしていましたね。最後は、浦和の個人技にPA内でかき回されて失点を重ねましたが、カウンター時の組織的な上がりといい、J2を戦う上で大事な戦術組織がしっかり出来ているなと思いました。
浦和については、特別な穴も無くて順調そうですね。特に長谷部の出来が良くて、点は決められませんでしたが良くチャンスにからんでいたと思います。もちろん3点目を決めた岡野も良かったです。ただ、山田と永井の使い方についてはまだ検討の余地はありそうですが・・・ まあ失点はちょっとした集中力の欠如によるもので、守備組織自体は出来上がっているので、それほど問題なく開幕を迎えられる事でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする