今日の戯言

しかし早速スターシステムが炸裂してますなあ。
それにしてもガンバは、地域密着はいつまで経ってもさっぱりなのに、選手密着のネタには事欠きませんよね(笑)。セレッソの観客増も大久保によるところは結構多かったですし、これが動員の起爆剤になってくれれないいのですが。ってそれよりもまず優勝ですけどね。
ところで今日は、日本と同グループのバーレーン対イランの試合を見ていました。いや、ぶっちゃけゴールが決まらなかっただけで、まるで日本と北朝鮮の試合を見ているようでした。しかも、決定的なチャンスの数では、バーレーンの方が勝っていたように思います。
イランはダエイの1トップに、2列目にハシェミアン、カリミ、マハダビキアを並べた3-6-1だったのですが、イランのDFラインが低くて前線の4人が孤立し、ダエイにも往年の鋭さが無く、バーレーンの早い潰しに攻撃がほとんど機能していませんでした。ピッチが悪いせいもあるのですが、サイドチェンジをする場面もほとんど無くて横に狭い攻撃ばかりでしたね。ただ、日本ほど中盤での緩い縦パスは連発してませんでしたが。
バーレーンは4バックで、中盤のプレスから何度もイランのボールを奪い、サイドに起点を作ってのSBのオーバーラップなどで、何度もイランの3バックのサイドを突破していました。また、日本がアジアカップでやられたように、PA付近での一瞬のスピードはかなりのもので、足を止めたイランDFが振り切られる場面も少なくありませんでした。運動量の落ちた後半でも、長いボールをサイドに通して、中の上がりを待ってチャンスを作ってましたしね。と、日本の現状を考えると気分が暗くなる事ばかりで、バーレーンのアウェイでは相当苦労しそうです。
まあ、ホームとアウェイの戦い方は違うでしょうが、イランは守備の要であるレザイーが次節出場停止で、ダエイがこのままの状態であれば、日本に勝つチャンスは十分にあると思います。そのためには、前線の4人をフリーにさせない中盤のプレス、そしてハイボールではあまり勝てないでしょうから、手数をかけない早い攻撃がカギになると思います。なのに、ジーコは鈴木と高原と言う先発をやりそうなのが怖いんですが(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする