今日の戯言

アジア最終予選の初戦、北朝鮮戦もいよいよ明日に迫ってまいりました。
相手の試合をまだ見たことが無いので、展開的なものははっきり明言する事は出来ませんが、今までの情報や後藤さんの分析からすると、やはり日本が試合を支配して、北朝鮮がスピードを生かしたカウンターを狙うという形になるのは間違い無いでしょう。
やはり日本の狙いとしては「引いた相手を崩す定石」、つまりシリア戦で見せたようにセカンドボールをどんどん拾ってサイドに素早く展開し、そこからのクロスを繰り返して相手のマークを外す攻撃が求められるでしょう。日本は身長差でも勝っているので、クロスを上げた時にボランチの福西が攻撃参加する形を徹底させたいところです。
攻撃時に三都主や加地、福西が上がった状態になってると、当然守備は3バックと遠藤で守る形になるわけで、その少ない人数でいかに相手のカウンターを防ぐか、つまりDFから出たボールを容易にポストプレイさせないかが第一の狙いとなります。宮本が一歩下がってカバーに入るでしょうから、遠藤(福西)、中澤、田中のマーキングに入るコンビネーションが重要になって来ます。相手に高さは無いので横からのセットプレイはそれほど怖くありませんから、プロフェッショナルファウルを使う事も厭わないで欲しいです。
そしてキーマンとしては、やはり高原と中村の海外組と、彼らとの交代が予想される玉田と小笠原ですね。日本が先制した後に北朝鮮が攻めに出ることを考えれば、この順番は逆のほうがいいと思うのですが、ジーコの辞書に「相手との力量差や展開を考えての起用」という言葉はありませんからね。特に小笠原には、北朝鮮のゲームメイカーであるキム・ヨンジュンを徹底的に追いまわす事を求めたいです。パスの配給どころを封じてしまえば、試合展開はかなり楽になってくるはずですから。
とまあ色々書きましたが、基本的にはそんなに恐れる相手ではありませんからね。コンディションを整えて普段通りにやってもらえばいいです・・・とはマスコミ様は行かないようで(笑)。しかし「テレ朝 サッカー一色 6時間超す生放送」って中で、どれだけ「北朝鮮以外のサッカーの話題」を報道してくれるんでしょうか。まあいつもの事ですが、テレ朝の中継はネタとして置いといて、生ではNHKを見ておいたほうがいいでしょうね(苦笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする