今日の戯言

結局大久保はレアル戦には途中出場でしたね。試合は見ましたが、ただでさえマジョルカは引き分け狙いで守りきる気だけの試合運びで、大久保投入直後にユリアーノが退場してしまってはどうしようも無かったですね。大久保もほとんど1トップで前線からのチェイシングだけで試合が終わってしまいました。大久保自体の動きはまずまずだったし、先発のロメオがほとんど役に立っていなかったので、これからも出場のチャンスは多いでしょう。大久保もこの試合の後に怪我の痛みが無いといいんですが。
レアルはグラヴェセンが入ったことで守備に安定感が増し、パスの散らし役がベッカムとの2枚になったのでピッチを広く使う攻撃ができるようになってました。ロナウドもジダンもコンディションに問題を抱えながらプレイをしているだけに、かつてのようなどう守っても守備を破られそうな凄みは感じなくなりましたが、カウンターの威力がその分増しただけにCLでも結果を出しそうな気がします。ま、マジョルカはこの試合は引き分けられればラッキーの試合だったわけで、次こそは結果を出さなければなりません。
そして中村と小野の欠場コンビは、所属チームがアウェイでの勝ちと負けという対照的な結果に終わってしまいました。特にレッジーナはCL圏も狙える順位にいるウディネーゼにアウェイで勝ち点3を取れたことは残留に向けて非常に大きい結果ですね。今年は残留ラインがいつもより高くて38ぐらいになりそうとは言え、現時点で27を取れていれば取りこぼしさえしなければ残留を果たせそうです。
あと、イタリアでは柳沢と中田も出場してたみたいですね。これでもし皆がフル出場したらとても追いきれなくなりますねえ(笑)。
さて、国内では以前から噂になっていた山瀬の横浜FMへの移籍が決定したようですね。背景や事情はどうあれ、これで磐田対市原に続き、横浜FM対浦和が遺恨対決になってしまうのは間違い無さそうです。レアルに移籍したフィーゴの例を出さずとも、移籍がらみでサポーターが大騒ぎするのはサッカー界の常なわけで、Jリーグも今後はこういう話題が増えてくるんでしょうね。田邊氏の件もそうですが、そういう流れ自体を悪だと考えるのではなく、いかに「家族が安全に見られる」良さを持つ日本のサッカー文化の中に取り込めていけるかが問われているように思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする