イブの戯言

つってもやっぱりここでは特に何も無いわけですけどね・・・(笑)
まあ世間の浮かれぶりから目をそらせてニュースなんぞを漁ってみると、Jリーグも終わった事もあってか、小野の帰国の話を始めとして、移籍即先発濃厚なり下部リーグへのレンタルなりドサ回り続行(笑)なりなど、海外組の話が多いですね。
それにしても、最近のニュースを見ていて意外なのは、大久保についての話題をマスコミがやたらと取り上げている事です。まあ、久々の若手の海外移籍で、イエローカードコレクターという性格的な面で(マスコミ的に)面白いところがネタにしやすいというところが本音なのかもしれませんが、活躍が期待できるという匂いを嗅ぎ取っているのだとしたら、ちょっとはマスコミも進歩したのかなと。
だいたい、今まで海外移籍をした選手は、自分が走るよりも人を走らせたがり、得点を取る事よりも取らせる事を考える中盤の選手ばかりでしたが、そういう選手は今のサッカーではチームに一人だけいれば良く、ペルージャやレッジーナのような下位チームならともかく、欧州トップリーグの中位以上のチームになるとおいそれとそんな座に着けるはずもありません。
そんな中で大久保は、走って点を取ることを第一に考え、またそれが可能な身体能力と技術、そしてメンタルの裏づけがある数少ない選手ですからね。問題は、当たり前ですが監督や選手とのコミュニケーションでしょうが、前線の選手は中盤以降のポジションに比べると戦術的なしばりも少ないですし、結果さえ出せば誰も文句を言わないポジションでもあります。まずは、開幕戦でどんな印象を与えられるかが楽しみです。
そしてこちらも楽しみなアルエット改めロッソ熊本が運営法人を設立したと言うニュース。草津とは違ってメジャーマスコミの衆目が集まりにくく、また有力企業が少ない立地で、ここまで順調に来ているのは素晴らしい事です。が、それも最難関の全国地域リーグ決勝大会を突破しなければ意味の無い事ですからね。ホリコシもアマラオを獲得して本気で来ているようですし、皆がJを目指し始めてからではJ3が出来るまでおあずけという事になりかねません。今こそがチャンスですよ、他の自治体様。
最後に、登録リンクに「Premier
Weekend」
を追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする