今日の戯言

今日行われた韓国とドイツの親善試合ですが、韓国が3-1で勝利したようですね。まあ、試合は時の運ですからこれをもって日本が弱いと断言する事は出来ないのですが、試合をちょっと見た限りでは韓国は気持ちで引かずによく頑張っていたと思います。
レッジーナなんかを見ていると良く分かるのですが、たとえ相手が強いからといって受けに回る守備をしていたら絶対にやられてしまうんですよね。「俺がとにかくこいつを止める、万一抜かれても他の誰かがカバーする」といった一撃必殺の気持ちの連鎖こそが弱いチームには必要なんですよ。
巷では3点目の大久保のミスから失点したシーンが責められたりしているようですが、誰かが勝負していて誰かが受けに回っている、そんなチーム内の意思のバラバラな状態こそが問題なんです。そういう面では、日本は韓国に完全に負けていたと断言できますね。
「くたなか」さんより。

300万ヒットおめでとうございます。
ドイツ戦を観た後、自分のなかでようやくジーコジャパンが消化できました。ジーコにとっては、自ら選んだ選手は常に最高レベルにあり、試合はその選手たちがやる。よってジーコジャパンに期待できる最高の形は、選手個々のパフォーマンスと共通認識が最高のレベルに達したときである。だから相手のレベルとか、戦術、環境など一切関係ない、ということになり、結果はやってみないとわからない。ということは我々はもう祈るほかない。そして選手に頑張ってと、言うだけである。
残念だけど、今となってはもう遅いですよね。オシムジャパン、見てみたかったなあ。今の代表はそれなりに選手のレベルが高いだけに残念です。
1点目は楢崎だから取りにいけてしまった、ということはないですかねぇ。名古屋在住の私としては、ジーコのナラに対する評価が下がることが心配です。

なにしろジーコジャパンはモチベーション付けも戦術も選手次第ですからねえ・・・まあ、最終予選で「選手がいないから4バック」などという事をやらかさない事と、ベストメンバーが無事でいてくれる事を願うだけでしょうか。楢崎がそのベストに選ばれるかどうかもジーコの心証一つですからねえ。どうなりますことやら(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする