今日の戯言

しかし、まるでどこぞの国の監督とそっくりですねえ(笑)。
最近はドイツだけでなくオランダのファンバステン、ブルガリアのストイチコフなど、最近の欧州代表が監督実績の無いスーパースターを頭に据える傾向にあるのは西部氏の指摘を待つまでも無いわけですが、特にこの記事にあるような選手起用をめぐってのクラブとの確執や、ユーロで顕著に見られたスター選手の倦怠から、代表の権威を守るためにカリスマを利用した面があるのは確かでしょう。
昨日は、アルゼンチンのビエルサ監督が突然辞任を発表してしまいましたが、五輪の金メダルを取った事である程度自分が満足してしまった部分もあるでしょうが、五輪で選手を取られたクラブ側の反発や、そこで活躍した選手がクラブ首脳から非難されているようなニュースを見ていると、やってられんと言う気になっても仕方ないと思いますね。
日本でも、松井が移籍して平山や大久保、小笠原にオファーの噂が出ている事を考えると、遅かれ早かれ欧州代表と同じような問題が出て来るのは間違いありません。だからカピタンはもう6年先を見据えてジーコを監督に起用・・・してるわけないか(笑)。
その海外組の元祖の中田ですが、今月号のnakata.netTVでは、自分が好きな攻撃的なポジションでプレイ出来るかどうかをヴィオラ首脳にも聞いて、移籍の判断理由の一つにしていたみたいですね・・・ 7/17の戯言で推測した通りでやっぱりなあという感じですが、それもまた自分の選ぶ道なのですから、私を含めてトップ下に否定的な見方をする人間をぎゃふんと言わせて欲しいですよね。
最後に、「ワールド・サッカー・ニュース」を登録リンクに追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする