今日の戯言

いや、あれを世界に通用したと言われても困るんですけど・・・
しかもアテネ経由ドイツ行きのファーストクラスチケットは海外移籍なんですが、その道を自ら思いっきり狭めてしまった事についてはどう思ってるんでしょうか(苦笑)。
だいたい、パラグアイ戦にしてもイタリア戦にしても日本が攻勢を強める場面は確かにありましたけどね、2点も3点も先に入れたらどんなチームだって気を抜きますよ。そういう台詞が通用するのは自分達がリードする展開になった時だけだと思うんですけどねえ。こういったミクロな見方しか出来ないのでは、チームに存在する本質的な問題が見えるはずが無いのは当たり前か・・・
しかし対戦相手が違うとは言え、ポルトガルに4-2で勝ったイラクはもちろん、韓国もきっちり結果を出しているだけに情けないですよねえ・・・少なくとも本番前に目標としていたメダルを獲得するためには、世界レベルで言えば決して攻撃的ではないイタリアやパラグアイに気前良く点をあげるようなサッカーではどうしようもないですよ。まずは通用しなかったのは何で何が足りなかったのか、というところを必死で究明する事が第一でしょうに。
岡ちゃんはアテネと同じような頭でっかちテンパリ采配をフランスW杯でやらかした後、しっかりと自省して自分のスタイルを確立し、見事に横浜FMで監督としての結果を出しました。山本さんもまずは半年ほどじっくり五輪の備忘録を書いてみるのがいいんじゃないですか?(笑)
いや、今朝の戦評でいい加減毒を吐ききったつもりでしたが、私の体調が回復したとたんにこのインタビューを見てしまうといかんですな。最近の内容の薄さにあきれつつある読者をさらに減らさないためにも(笑)、いい加減この辺にしておきますです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする