今日の戯言

おお、FC東京はデポルに勝ったんですね!
昨日行われたヴェルディ対レアルと新潟対バレンシアの花試合は、録画しておいて今日飛ばし見していたのですが、やはりまだまだ日本と世界とでは差があるんだなというのを痛感させられる試合でしたねえ。
特にレアルを見ていて思うのは、フリーの味方を素早く探してそこに高精度の早いパスを出し、それをきちんとトラップしてすぐ前を向くという攻撃の基本はもちろん、守備でも高い位置からボールホルダーへプレッシャーをかけ、苦し紛れの前線へのパスをカットして二次攻撃という対カウンターの戦術が、どこぞの代表チームとは違って見事に浸透していました。ジダンの芸術も凄いですが、こういう所こそサッカーファンは注目すべきですよね。
そしてバレンシアも、1点目のミスタの飛び出しとそれに反応した正確なフィード、そしてそのボールをきちんと足に収めて枠を捉えるシュートを打つ流れは見事でした。レアルもそうですが、ただボールを回すのとゴールから逆算した展開ってのは全然違うんですよねえ。つーか、そんな見事な得点が取れるチームがコンディション不良で2-5で負けるんだから、サッカーではいかにコンディションが重要なのかを改めて思い知らされますよねえ。
コンディションと言えばバーレーン戦の日本ですが、恒例の「怪我ターンオーバー」も玉田だけの発動になりそうですが(笑)、果たしてうまく行きますかどうか・・・と書いていて気がついたんですが、アジアカップの決勝は私が某スーパーパワー超大国への出張に出発する日とかぶっちゃうんですよね。まあ、それ以前に明日で戦評を書く必要も無くなりそうなのがアレですが(笑)、もし日本が勝ち残ってしまった場合は飛行機の上で幸運を祈る事にしますです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする