ツールドフランス第12ステージ

今年最初の頂上ゴールですが、明日にさらに厳しいステージを控えているという事もあって、それほど総合争いの選手に大きな動きは無いと思われた今日のステージですが、意外や意外、ハミルトン、シモーニ、マヨ、そしてウルリッヒといったライバルがアームストロングが本格的なアタックに入る前に遅れてしまうという展開になってしまいました。
結局、アームストロングについて行けたのはイヴァン・バッソただ一人で、彼がこのステージの優勝を見事に飾りました。アームストロングは今日の勝利を譲る形でゴールしたのですが、ボーナスタイムで少し差を詰められて約1分の差になりました。そしてマイヨジョーヌはまだボエックラーが5分強の差でキープはしたのですが、今日の消耗度を見たら明日あたりが限界でしょうね。でも本当に良く頑張っています。
これで、6連覇を狙うアームストロングにとってはウルリッヒやマヨなどの怖いライバルが早々に脱落した事で非常に楽になったのは間違いありません。しかし、今日勝利を飾ったバッソがまだ余裕のある表情を見せ、あと2つ残っている頂上ゴールステージはもちろん、アシストの力を借りる事が出来ないラルプ・デュエズの個人TTが残っているわけで、年齢的な不安もあってまだ優勝確定マークを付けるのは早いですね。特に、ノーマークで優勝候補に一気に上がってきたバッソの活躍に期待です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする