今日までのツール

前日のチームTTは、アームストロング擁するUSポスタルが完璧な準備と練習で圧勝し、ゴール後の余裕の表情にライバルチームの監督たちは早くも白旗を上げそうになってしまっていると思います(笑)。いや、マヨの脱落や序盤にアームストロングが好きでウルリッヒが嫌いな悪天候が続いている事と言い、今のところ全てがチャンピオンに有利に動いてしまっているようです。
そして第5ステージですが、TTが不得意な選手はチームTTでかなり消耗してしまうために次のステージはだいたい逃げが決まりやすいものなのですが、その定石どおり5人の元気な選手が早々に飛び出し、後続集団も雨と風の影響で落車が相次いだために追いつく意欲を失ってしまい、結果的に集団に対して12分以上の差をつけてゴールをしてしまいました。
そして逃げ切った集団の中で最も総合タイムが良かったブリオーシュ・ラ・ブランジェールのフランス人選手、ボエックラーがなんとアームストロングに10分近いタイム差をつけてのマイヨジョーヌ獲得です。これでテレビに出る回数が激増する事間違い無しでスポンサーに大きな顔が出来るチーム関係者はもちろん、ローラン・フィニョンのシャンゼリゼでの敗北以来、総合争いに自国選手がかする事すら無かったフランス人ファンにとっては大きな喜びでしょう。
アームストロングにとっては文字通り一日天下になってしまったのですが、総合争いをするライバルとの差は変わっていない上に、チームの山岳ステージでのアシスト役が落車で怪我をしてしまったので、かえってマイヨジョーヌを着ている選手がいるチームの義務である集団をコントロールする仕事から解放されてほっとしているかもしれません。
ただ、ボエックラーもフランスチャンピオンのジャージを着るだけの実力があり、チームにもフランスのチームなんだという意地もあるでしょうから、一日でもマイヨジョーヌを長く守るために必死の働きを見せてくれるはずですし、それにつれてフランスマスコミのアンチ・ランスにもますます拍車がかかりそうで、いろんな意味で楽しみです(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする