今日までのツール

昨日のプロローグ・タイムトライアルでファッサボルトロチームのカンチェラーラが僅差でマイヨジョーヌを獲得した事で、スプリントポイントでのタイムボーナス争いが激しくなって、中盤から終盤まで非常に気を抜けない戦いが続き、序盤から動きの激しいのが特徴のツールドフランスですが、欧州では珍しくサッカーよりも自転車に人気があるベルギー領内を走っているだけあって、いつものペースからさらに輪をかけた展開となりましたね。
カンチェラーラのマイヨジョーヌを守るために、現在スプリントNo.1の力を持つペタッキを擁するファッサボルトロチームが途中で力を使い果たしてしまって最後の追い込みに人が足らず、伏兵のヤン・キルシプーが第1ステージの勝利をもぎ取ってしまいました。
この結果でカンチェラーラはハスフォフトに対して2秒差でマイヨジョーヌを維持しましたが、第4ステージのチームタイムトライアルまで各チームの争いが激しくなるのは間違いなく、明日と明後日は気温が低くて雨と石畳が多いベルギーのステージが続くだけに、本当に目が離せない序盤になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする