今日の戯言

まあ世の中そんなにうまく行きません。
サッカーがそう簡単に10点も20点も入るスポーツじゃないだけに、インド相手にあと3点取らないといけなかったなどと言うつもりはありませんが、これでアウェイのオマーンに対して引き分け以上の結果が必要な状況になって来ちゃいましたね。とは言え、得失点差よりも当該成績が優先されるので、考えるべきは「昨日の内容でアウェイのオマーンに勝てるのか」という点です。
マスコミ様は相変わらず大勝爆勝の脳天気ぶりですが、確かに点差はついたもののあまりにもインドが弱すぎ、オマーン戦に向けてジーコジャパンの課題がクリアになったかどうかが検証できない試合だったのは確かでしょう。昨日の戦評にも書いたのですが、特に最終ラインの押し上げと守り方には非常に不満があります。
欧州でのポゼッションサッカーの代表であるミランや(昨シーズンまでの)レアルの試合を見ていても、相手を押し込んでいる時ってのはCBの選手が流れの中で敵陣にまで入っている事が珍しくないんですよね。敵陣に居ればオフサイドは関係無いわけだから当然非常にリスキーなんですが、欧州レベルではそこまでコンパクトにしてCBが裏へのボールを先にカットするような守備をしないと、ポストプレイからフリーな中盤につなげられてしまって失点する可能性が高くなってしまうのです。
ジーコジャパンの場合は相手が強いと自然にコンパクトさが保たれるのでいいのですが、昨日の試合のように相手が弱いと、今のDFがやっているような「相手を常に視界に入れているような守備」だと、かなり間延びしてしまうんですよね。そうなるとサイドの運動量も増えてしまいますし、インドならともかく中東レベルが相手だとカウンターからどんどんバイタルエリアに入り込まれてミドルシュートで失点という可能性が十分にあり得ますからね。
今の宮本は結構不安定ですし、ジーコの言う事を守りすぎるきらいがあるので、アジアカップでは磐田で相手を押し込んだ守備に慣れている田中誠を使ってみて欲しいんですけどねえ・・・なんであの1試合で起用が終わってしまったんでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする