今日の戯言

最近はどうやら世の中トルコがブームなようで。
しかしこれで浦和のDFラインはアルパイ、闘莉王、坪井という、3人揃っては絶対にサッカーaiの表紙にならないであろう面子になってしまいましたね。顔の濃さという点では、土屋、ホージェル、北本の神戸を上回ったかもしれません(笑)。そんな冗談はともかく、とかく東欧やブラジルに傾きがちだった外国人選手の幅が広がるのはいい事だと思いますね。
そしてU-23のOA選手についてですが、やはり小野が本命らしく、A代表とクラブとの綱引きが繰り広げられているようで。確かに、今のU-23に最も欠けているピースが中盤で球を落ち着かせたりサイドへボールを配給したりする役目の選手であって、それには小野が最適なのは確かなんですが、それでは左サイドの問題は解決しないし、阿部と鈴木はどうなるのかという問題も出てきます。
小野は、疲労があってもパス精度がぶれない選手ではありますが、逆に集中力が切れて怪我をする欠点があるんですよね。稲本が長期離脱をしているだけに、頼みの綱である小野に負担はかけたくないのですが、そもそも上のほうが五輪とアジアカップのどちらを重視するつもりなのか全く見えてこないですからねえ・・・
そのA代表についてですが、あちこちのBlogなどを見ても、イングランド戦を見て楽観論に転換する人が結構多かったのはちょっと驚きです。個人的には、まだ日本には欠点が多すぎて相手が日本を研究してくる最終予選やW杯本番では必ず苦戦すると思っているんですけどね。私が対戦相手なら、日本のFWと小野にマンツーマンでマークを付けて苦し紛れのパスのカットを狙い、前線に電柱を置いて徹底的にアーリークロスを上げる戦法を取るでしょうね。鈍足の小野にザルのアレックスがいる左サイドに足の速いドリブラーを置けばかなり攻略は楽になるでしょう。
そこを打ち破るための鍵としては、やはり五輪組の成長にかかっていると言えるのではないかと思います。前線での起点役としての平山、そのボールを受けて密集を打開出来る大久保や田中、高さとフィードを備えた闘莉王あたりが頼もしくなってくれれば、かなり欠点は塞がって来るんじゃないでしょうか。今はレギュラーで安穏としていられる選手に危機感を与えるような活躍を五輪で期待したいところですね。
あと、リンクに「セリエA・カルチョ・ナビ」を追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする