今日の戯言

つーか、ジーコまでもが「シュンスケ」と呼んでるんですかね?
それにしても高原のエコノミー症候群の再発(?)は心配ですね・・・一度かかると再発を繰り返すような病気なんでしょうか。オーバーでなく、選手生命にかかわる状況なだけに無事であって欲しいものです。
話をアイスランド戦に戻すと、記事中で注目すべきなのは今回も3バックの布陣で行くと言う部分と、藤田と三都主をサイドにすると言う部分ですね。先日のトルコ選抜と戦ったU-23では、中盤を支配されてサイドに展開されたために途中から4バックにしましたが、アイスランドはともかくイングランド相手に押し込まれた場合に攻撃的なサイド2人でどう守るのか、特にトルコが得点したような形でアーリークロスの出所をフリーにしてしまうと、ベッカムとヘスキー相手に守りきれるはずはありませんからね。
そのアーリークロスから先制点が生まれたCLの決勝ですが、前評判どおりにポルトが優勝しましたね。とは言え、試合を見た限りではそれほどチーム力に大きな差は無かったと思います。とにかく、守りに定評のあるポルト相手に、守備のミスで先制点を与えた事が痛恨でしたね。もちろん、点を取るだけでなく攻撃のアクセントとして欠かせなかったジュリの怪我も大きな原因でしょう。モリエンテスのオフサイド判定も疑問でしたし、全ての運がポルトに味方していました。とは言え、見事な組織守備と、決定機を完璧にものにしたポルトは勝者にふさわしかったと思います。
でもトヨタカップの時にはマウリーニョ監督はもちろん、デコやカルロス・アルベルトもいないんだろうなあ・・・(苦笑) と思っていたら、なんとユーベの監督がカペッロに! いや、今期のストーブリーグは監督のほうが活発なようですね。ヒッツフェルトも退任したようですし、欧州遠征の間にあの置物と摩り替えるってのは無理でしょうか(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする