今日の戯言

だから大久保と阿部は最初から使っておけと・・・まあ、とにかく今日は勝ってよかった!それだけですな。で、戦評はこちら。
そして、今日はノリノリだっただろう代表サポーターについて「おとうさん」より。

久々に国立に行ってレバノン戦観戦しました。確かに、サポーターの何でもブーイング、何でも拍手は気にはなりました・・・
特に私よりも私の隣りに座っていた娘が「何でもブーイングすればいいってもんじゃあない。これがサッカー文化なら野球文化のほうがまし」と厳しい意見を吐いておりました・・・・が~・・・スタジアムのそうした空気を助長したのは、誰あろう、ジャッジの基準が不明確なあの「主審」。
笛が鳴ってもどっちのファウルを取ったのかわかんないし、どっちのボールという判定かも不明。したがって、ついついブーイングや安堵の拍手もおきやすくなるというもの。サポーターの応援の質をあげるためには、きちんとしたゲームコントロールは絶対に必要だと、思いましたです。はい。

し、しかしかなり毒舌な娘さんですなあ(笑)。確かに審判の問題は大きいですよね。判定が偏向しているように見える問題にも、それは単に下手だからそう見えるのだという意見があるくらいですし、サポーターや選手はもちろん、アジア全体のサッカーレベルが高くならなければならないんでしょうね。
ま、日本も無事に五輪出場を果たしましたので、Jと共に相乗効果でレベルアップして行って欲しいものですよね。ん?なんか忘れてるような・・・まあいいや(笑)。
最後に、ブランクさんの「きままに代表ブランク」を登録リンクに追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする