今日の戯言

まあ、これが普通のサポーターの総意なんでしょうね。
ただ、宇都宮氏は「もう谷間じゃない!」と断言しておられますが、私はそう言い切るのはまだ早いと思っています。最終予選はA代表の1次予選と同じく枠は1つだけであり、たった一つの敗戦が結果を大きく左右します。まあA代表と比べて比較にならないほど戦術的なベースが固まっている五輪代表なのでそれほど不安点は無いでしょうが、勝負に絶対はありません。これからの合宿でさらにチームの完成度を高めてくれる事を期待します。
その五輪代表についてbrianさんから。

いやあ、気持ちのいい勝ち方でしたね。今日は今野が非常に良かったように思います。韓国は平山を気にしてか、いつもよりラインが深い気がしました。そこを今野の幅広い運動量でカバーしてましたよね。正直な話、点を取られる気がしませんでした。鈴木のポカ意外は。
トゥーリオはなんか前にあがるのを自重してた感がありましたね。茂庭がしきりに指示出してたように見えましたが、押さえられてたのかな。
あと、U-23の方がフル代表よりパススピードが速く見えたのは気のせいでしょうか(笑)?それと、オマーン戦ではなかった3人目の動き、今日は良く出てましたよね。特に松井が入った後に良く出ていたような。
とにかく、オマーン戦を忘れさせてくれる良い試合でした。山本監督は正直、あまり評価してないんですけどね。

ま~、比較する対象がオマーン戦なので何を見ても良く見えるというか(笑)。少し今日になって冷静に考えてみると、松井が入って機能したのは昨日のU-23が終始狭いところでサッカーをやっていたためであり、サイドチェンジなど広い展開という点では韓国の方が勝ってましたからね。相手のコンディションが良ければこちらの方が苦しかったかもしれません。「勝って兜の緒を絞めよ」、ですね。
ところで、もはや兜どころか刀すら存在しないA代表ですが、昨日書いた、「ジーコ解任要求デモ」について、ニッカンに第一報が来てますね。人数こそやや寂しい事になったみたいですが、これがマスコミの論調を変えるきっかけになればいいのですが。とにかく参加された方はお疲れ様でした。
最後に、seriさんの力作であるオマーン戦の戦術分析を紹介しときます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする