今日の戯言

今日は大阪心斎橋の大丸百貨店でやっている東北物産展に出店していた、仙台の「たんや利久」の牛たん定食を昼に食べました。噂にたがわず、香ばしく焼かれた分厚いタンがごろごろ乗っていて大変うまかったです。少しだけ仙台遠征に行った気分になりました(笑)。私も本当はどこかのサポーターとして、あちこちに遠征に出かけては地方の名物を食べまくる生活をしたいのですが、残念ながらそこまで思い入れるクラブも無いし、一人で遠征して一人で帰ってくるのもつまらないですしね。100万ヒット企画でオフ会を考えたのも、そういう場があれば行く口実が出来るかなと思ったからという理由もあったりします(笑)。
地方と言えば、徳島県知事のインタビュー記事が興味深かったので紹介。
これを見ると、かなり本格的に動き出しているのが分かりますね。今後の注目点としては、クラブの運営法人がどういう形態になるのかでしょう。サカマガでも大住氏が公益法人化について賛成されてましたが、やはり小さな地方都市で独立採算の株式会社でやって行くのは困難な点が多く、自治体のバックアップのしやすさや税制上の事を考えるとこういった流れになってくるのかなと思います。ただ、利益を出さない公益法人と基本的に営利事業であるサッカークラブとの整合性や、ただでさえ槍玉に挙げられる事の多い「赤字文化事業」に対して地域住民の理解を得られるのかという点、どんぶり勘定や自治体の天下り先になりやすい体質、まだ整備されていない寄付税制など、いろいろ模索しなければならない問題も多いようです。
また、度々蒸し返される企業名チームの話にしても、クラブが公益法人だとまずあり得ないわけですし、株式会社であっても親会社になれる有力企業を持たない地方都市の場合は非常に困難なわけで、Jの理念とプロ野球の対立うんぬんでは無く、日本中にクラブを作って運営させられる体制とはどうあるべきかという観点から見ていかなければならないと思いますね。
あと、登録リンクに海賊ひでさんの「夢のサッカー王」を追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする