今日の戯言

先日のジェフの中西に続き、秋田と相馬までもがクラブを解雇というニュースが飛び込んできて、YAHOO!のトップにも載るし、ネットのあちこちで大騒ぎになっているみたいですね。長い間鹿島を支えてきた2人が見れないのは残念ですが、鹿島の観客動員数と2人の衰えと年俸を考えれば仕方の無い結論なのかもしれませんね・・・
そして、その秋田が最近までいた代表はと見ると、今更3バックだそうで。
日本ではやたらトップ下がスター司令塔としてもてはやされる風潮がありますが、今のサッカーではトップ下は「消され」がちなポジションで、ネドベド(森島)のような運動量豊富なフリーマンタイプか、トッティのようなFWとしても一流タイプ、もしくはトップ下を置かないパターンしか無く、ミランでのルイコスタの扱われ方やワールドユースでの日本のトップ下選手の存在感を見ても、ここの選手の生かし方は非常に難しいわけで、そこをちゃんとジーコが考えてる・・・わけないか(笑)。なにしろ代表監督は引退間際の勲章らしいので、きっとそのうち文化勲章受賞者並みの年齢になるんでしょう(大苦笑)。
今晩はワールドユースもあるので手抜きしてお便りを主に紹介。まずは「ふか」さんから。

サッカーは「イギリス代表」というものは存在しませんよね。イングランド、ウェールズ、スコットランド・・・のように。過去の互いの戦争にも起因しているようですが、こういった民族性を無視して、イギリス代表というサッカーチームが出来た場合、単純に戦力はUPするのでしょうか?
自分は最近コラムに多く登場している(笑)、ラグビーをしていました。ラグビーもサッカー同様、イギリス代表という形は存在しませんが、ラグビーでイギリス代表が誕生した場合は、強くなります。サッカーはどうですか?

近くにスペイン代表というちょうど良い例がありますが、彼らが評判通りの結果を出した事はほとんどありません。オランダやベルギーも同様にいつも内紛の火種を抱えています。イギリス代表が統一されたからと言って、戦力の1+1が2になる事はまず無いんじゃないでしょうか。しかも、現在はそれほど厳密な区分は無いようですが、やはりイギリスにおいてサッカーは労働者階級のスポーツであり、その分連帯という理性よりも、ナショナリズムという本能が色濃く出る事は間違いないでしょう。
そして織田さんからのメール。

>
しかしW杯と違ってアジアやアフリカ二流国がいないのでユーロのグループリーグは見るからに厳しいですよねえ。
ただW杯と違って、アジア・アフリカ・北米の国を侮りまくって、調整不足や相手をなめてかかってしっぺがえしで一流国がグループリーグでころっと負けるということが、ユーロはあんまりないですよね。
だから勝負弱いことがW杯やユーロ予選やW杯本大会などの醜態で代名詞になっている欧州一流国が揃ってユーロでは毎回そこそこ上位にいってますよね。でも優勝するのはダークホースということがあります。
この辺が強豪国がグループリーグで消えることがあるけど、最後のファイナルには絶対にダークホースは残らないW杯との差なんでしょうね。
決勝トーナメントに照準をあわせるチームが多いW杯と、グループリーグからどつきあいのユーロ。

織田さんが指摘する点の他にも、W杯の方が試合数が多いのと、南米のようなカラーが違うチームとの戦いがあるので、それだけチームに経験値が求められるという点もあるんじゃないでしょうか。プレッシャーや遠征などから来る精神的な負担にも違いがあるので、上に書いた問題も出てくるでしょうし。
そして同じく織田さんからはラグビーについても。

日本と同じく春開幕のアメリカMLSは、W杯期間中もリーグ中断することなく開催していたようで、というか今年のアメリカで開催されたゴールドカップ期間中もMLSは中断することなくというか、MLSとゴールドカップをダブルヘッダで開催して、集客していたらしいですね。
確かW杯のドイツ戦で負けて帰国して、ドノパンなんかはドイツ戦の2日後か3日後の試合に出ていたらしいですが。というかMLSとゴールドカップのダブルヘッダでは両方に出ようとしていた選手がいたとか(実際出たかは不明です)。
他の競技でも、五輪期間中に国体とかやってますし、五輪水泳陣なんかはシドニー五輪の水泳競技が終わって、でもまだ五輪は開催している時期の国内大会なんかに、さっきまで五輪に出ている人が出場していたりしますからねえ。
別にグループリーグでどうせ負けて帰ってくるからとか、そこまで深く考えていないような気がしてならないのです(^^;;;

まあ、おそらく国民の95%はW杯の存在を知らないだろうアメリカの話は置いといて(笑)、競技ごとの選手の消耗度とか、競技団体の一枚岩度とかもあるような気がしますが。日本のサッカーの場合はトップがA代表に対して○○なだけで、他の仕事はまだしっかりやってくれてますからねえ。日本の他のスポーツに比べるとまだ幸せなのかもしれません。上を見ればきりが無いし、下を見てもきりがありませんが(笑)。
あと、編集後記を目次に変更、中に携帯からのアクセス方法も明記しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする