師走の戯言

気がつけば今年もあと一月になってしまいまして、皆さん仕事や忘年会に忙しい季節になりました。私も日曜日は4試合も見たせいでさすがに疲れましたね。(ぉぃ)
なので今更代表メンバー発表に関してどうこう言う気にはならんです。第一、ジーコの場合はメンバーを固定するので誰が選出されたかより誰がスタメンかの方が重要ですからね(笑)、まあ中田がいなくなったチームがどうなるかとかはある意味楽しみですけど。
そしてユーロのドローですが、D組が死のグループになってしまいました。しかも測ったかのようにドイツとオランダが同居しているし(笑)。B組も一見フランスとイングランドで順当そうですが、スイスは決して弱くないし、クロアチアには現在売り出し中のプルソがいますからね。イタリアはかなり楽ですが、こういう時は必ず苦戦するのがこの国なわけで(笑)。しかしW杯と違ってアジアやアフリカ二流国がいないのでユーロのグループリーグは見るからに厳しいですよねえ。
さて、今日のラグビーコーナー(笑)。昨日のトップリーグに関する質問に「udai」さんが答えてくれました。

もちろんトップリーグの日程はW杯前から決まっていました。ラグビー協会は当然日本は決勝トーナメントに行かないものと思っていたのでしょう。この問題については専門誌にも取り上げられてません。ラグビー好きの友人が多い私でも、このことが話題にもなったことがないので、マスコミもサポーターも一次ラウンドを突破できるとは思っていなかったと思います。万が一日本が決勝トーナメント進出した場合は、サントリーや神戸製鋼がかなりワリを食うことになったでしょうね。Jの鹿島や磐田みたいに。
ただし、トップリーグは(ラグビー人気の低下を危惧して)1年前倒しでスタートしたので、日程作成はかなり苦労したようですが。W杯の年に始めちゃったからなあ。

岡ちゃんの1勝1分け1敗発言じゃないですが、決勝トーナメント進出が現実的には難しいにせよ、強化する側である人間があきらめたんじゃ何も奇跡は起こせないですよねえ。すぐにリーグがあると知っている選手への心理的な影響も全く無いわけじゃないでしょうに。とにかく選手にはW杯に集中してもらって、後は何が起こっても協会が万全のバックアップサポートをしておくというのが本来の姿だと思うのですが。どこぞの協会長様も、自分自身へのサポートだけは完璧ですからねえ・・・
あと業務連絡。昨晩の深夜にフォームでメールを送った方がいらっしゃったみたいですが、こちらに届いてないようです。前も同じことがあって、どうもメールのDNSが不安定なようで、フォームの送り先を変更しました。もし良ければ、申し訳ありませんがもう一度送りなおしていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする