今日の戯言

ワールドユース、やっぱり日本はしょっぱい試合をやりましたが結果は最上でしたね。日本の選手は技術もあるし戦う姿勢もあるのだから、もっと攻撃的にやる事は可能だと思うんですが、大熊さんはやらないんでしょうねえ・・・ まあ、結果さえ出ればとにかく経験は上積みできるわけで、もし決勝トーナメントに進出できれば攻撃サッカーを世界で試して欲しいものです。
今日の天皇杯では注目のザスパ草津が出てきましたが、体力と球際で市船に勝つものの、組織と技術でやられてしまったという感じですね。でも、思ったより観客が多くて熱心だったのでこれからが楽しみです。
そして昨日のJですが、横浜FM対磐田も、鹿島対浦和も、最後の2分間での大どんでん返しだったんですね。横浜の試合終了後に出てきた鹿島の選手の悲壮な顔つきがドラマでしたね。テレビ2台つけて同時に見たかったなあ(笑)。で、京都は正気なんですか?と思ったらセレッソも大量解雇市原も中西や大柴解雇ですかあ・・・ザスパでもサントスとか懐かしい面子がたくさんいましたが、彼らが働ける場所が欲しいですよねえ・・・
この前のラグビーの話題について東京サポのクライフさんからの質問が。

ラグビーのことが取り上げられるので質問です。が、その前にワールドカップのことを少し。
中継は日本の試合しか見てないし、あまり詳しくありませんが、バックスがタックルされた(る)時、日本の選手がボールを落とさないようしっかり保持したまま受けるのに比べ、相手チームの選手は胴体だけで受け止め、顔と手とボールはフリーにして、次のパスを狙っていたのが目立ちました。こういうのを見ると、身体の違いを痛感し、勝つのがつらいのかなあ、と思ってしまいました。

え~、ここはラグビーサイトではないので、トップリーグうんぬんについては正直よく分かりません。どなたか詳しい人、回答をお願いします(笑)。ただ、やはり日本選手と外国人を比べると、ハンドリング技術というのも体格と並んで差を感じる部分ですよね。スキル以外にも、手自体の大きさと言うのも関係してるのかもしれません。
あと、コラムに「2003シーズンJリーグ総括」、グルメの更新(笑)、そして登録リンクにリエさんの「*fly
high*」
を追加しました。
東アジア選手権代表とユーロの組み合わせについてはまた明日。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする