ナビスコカップ決勝 鹿島-浦和(0-4)

小雨がぱらつく国立競技場は満員のサポーターで真っ赤である。浦和はベストメンバーなのに対し、鹿島は怪我人だらけで池内、秋田、大岩の3バックにエウレルと深井の2トップと言う3-5-2の布陣。
試合開始直後はサポーターに後押しされた浦和が縦に速く攻めるものの、次第に鹿島がボールを保持する展開に移る。しかし、浦和の2トップのスピードを警戒してか鹿島の中盤とバックラインが深めのポジションなため、小笠原が孤立気味で前線へのパスも縦に偏ってしまい浦和にボールを寸断されてしまう。
そして浦和がセカンドボールを拾いはじめて浦和の流れになって来た13分、右に流れた田中が切り返してからクロス、そこに飛び込んできた山瀬がうまく頭で合わせて前に出てきた曽ヶ端の頭を越すループ気味のヘッドが決まる。先制された鹿島は名良橋のオーバーラップなどで反抗するも、攻撃面での単調さは否めず、決定的なチャンスがなかなか作れない。
しかし35分ごろに鹿島CKからの守備でエメルソンと坪井の頭が激突、坪井はロッカールームに下がってしまうと言うアクシデントが発生して流れが変化する。そこから数的優位に立った鹿島が浦和に対して怒涛の攻撃をしかけるも、中島や深井の決定的チャンスを浦和は何とか防いでハーフタイム。
後半からは坪井も復帰、鹿島は前に出てきて攻勢を強めようとする。しかしそれが見事に浦和の罠にはまり、3分に平川のロングスルーパスに反応したエメルソンが裏に抜け出し、GKを交わしてさらにDFのスライディングを切り替えして交わし、どフリーの状態で落ち着いて決めて2点目、11分には左サイドに流れた田中が青木と秋田をフェイントで交わして見事なシュートをゴール左上に決めて3点目。さらには小笠原が2枚目のイエローで退場と鹿島は踏んだり蹴ったり。これでほぼ試合は決まってしまい、41分にエメルソンが駄目押しして試合終了。
やはり鹿島はあまりにも面子が足りなすぎ、DFのスピードの無さを考えれば絶対に先制が必要だった。にもかからわず逆に先制を許し、絶好調の浦和2トップとスピード勝負をしないといけなくなった時点で負けは見えていたのかもしれない。それに対して浦和は終始集中力が高かった。怪我で一時退場があった場面も逆に浦和の結束力を高めた効果があったのかもしれない。
ともかく、今日の浦和は強かった。ナビスコカップ優勝、そして初タイトルおめでとう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする